Monthly Archives: 2月 2018

短肌着の選び方

肌着短肌着を選ぶポイントとしてサイズ、素材、縫製、デザインなどが挙げられます。生まれたばかりの赤ちゃんはすぐに着替えることも多いので、少なくとも4着から5着は準備するようにしてください。短肌着はサイズが重要です。生まれたばかりの赤ちゃんに着せる肌着なので、50~60センチのサイズを選ぶようになるでしょう。赤ちゃんはすぐに成長するので、最初ちょっとサイズが大きいと感じてもすぐに着られなくなります。

素材についてですが、それぞれ特徴があるので、季節に応じて適した素材を選択するようにしてください。おしゃれなデザインよりも、赤ちゃんのために吸汗性や通気性がよくて、負担にならないようなシンプルなデザインで、洗濯しても乾きやすい素材の短肌着を選ぶようにしましょう。そうすることで赤ちゃんも快適に生活することができます。

デザインは赤ちゃんが動きやすいデザインのものを選ぶとよいでしょう。短肌着の特徴として紐を縛って着せるデザインのものが一般的ですが、紐以外には面ファスナーで留めるタイプのデザインも人気があります。肌着なのでシンプルなデザインの薄い色の短肌着が定番ですが、柄物など見た目がかわいいデザインも人気があります。様々な工夫がされているものが多いので、赤ちゃんが快適に動けるような短肌着を選びましょう。

いつまで着せるのか

ベビーベビー服の中で最初に必要となる短肌着ですが、いつまで着せることができるのかを知りたいと思っている人は多いです。短肌着は生まれたその日から着せることができるベビー服ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間がとても多いので、季節にもよりますが短肌着を着て過ごす時間が長くなります。成長するにつれて短肌着以外のベビー服も必要になってきます。個人差はありますが、短肌着は首がすわると言われている生後3ヶ月くらいまでは、大活躍します。

赤ちゃんの成長はとても早いです。首がしっかりすわるようになると赤ちゃんの動きがとても活発になってくるので、そのような状態になったら徐々に短肌着は卒業するようになってきます。動きが活発になってくると、短肌着ではなくかぶるタイプのベビー服のほうが、着替えさせやすくなり、赤ちゃんの負担も少なくなります

赤ちゃんの成長は個人差がありますが、生まれたばかりの赤ちゃんにとって重宝する短肌着も、着せる期間は短いものです。首がすわってくる頃には着替えしやすいベビー服を選んであげるようにしてください。そうすることでお母さんの負担も少なくなりますし、可愛い赤ちゃんも健やかに身体に負担を感じることなく成長することができます。


短肌着の選び方

一番丈が短い肌着

赤ちゃん短肌着はベビー服の中でも一番丈が短い肌着です。生まれてすぐの赤ちゃんに着てもらうために設計されていて、すぐに着たり脱いだりすることができるように、ボタンではなくて、紐で結んだり面ファスナーで留めたりして着物のように着せます。短肌着はベビー服の中でも一番丈が短いので、おむつ交換をするときも邪魔になりませんし、汗をかいたらすぐに交換してあげることができるベビー服です。

初めて子育てをするママさんは、生まれたばかりの赤ちゃんにどのような服を着せてあげれば良いか迷うのではないでしょうか。最初にすぐに必要になるのは短肌着です。短肌着は赤ちゃんが生まれたその日から着せることになるとっても重要なベビー服です。普通の服やシャツと違い短肌着は簡単に着せることができるので、赤ちゃんにもお母さんにもとても便利な肌着です

短肌着以外にも「長肌着・コンビ肌着」などがあります。長肌着は短肌着の上に重ねて着せるようにします。さらに足がよく動くようになる頃に着させるのがコンビ肌着です。はだけにくくてとても便利です。短肌着、長肌着、コンビ肌着などの種類によってさまざまなサイズのものがありますが、一番丈が短いのが短肌着です。生まれてきた赤ちゃんが最初に必要とするのが短肌着なので、複数の枚数の短肌着を用意してください。


いつまで着せるのか

種類が豊富なベビー服

ベビー赤ちゃんはとても成長が早いので、あっという間に大きくなる赤ちゃんのベビー服選びはとても難しいです。赤ちゃんの成長に合わせてスムーズに対応ができるように作られているのが短肌着です。赤ちゃんが困らないように吸湿性、通気性、伸縮性に優れている短肌着が増えています。基本となる肌着だからこそ、1枚だけでなく何枚もそろえておきたいところです。

作りもしっかりしているものが多く、寝かせたまま着せられるタイプのものやオムツ替えの邪魔にならないようなデザインの短肌着もあります。 短肌着は生まれてすぐの赤ちゃんに着せることになる基本の肌着です。だからこそ赤ちゃんに負担をかけないデザインのものを選んであげることが望ましいです。赤ちゃんが動きやすいデザインだったり、嫌がらないような配慮がしっかりされているものだったりと、親の都合で選ぶのではなくて、赤ちゃんのことを第一に考えて新生児肌着やベビー服を選ぶことが大切です。

短肌着にはボタンがありません。すぐに着替えができるように、着物のように前で合わせて紐で結ぶか面ファスナーで留めるタイプのデザインなどが支持されています。 赤ちゃんが生まれる前に短肌着とはどのような特徴があるのか、そしてどのように選ぶのか、何着必要なのかを理解しておくようにしてください。当サイトでは赤ちゃんの肌着として必須となる短肌着の様々な角度から解説しています。赤ちゃんのためにも短肌着のことをよく理解して、快適なベビー服を選んであげるようにしましょう。


一番丈が短い肌着